Notice: Undefined index: b7158d5349ac6a81a14620 in /home/odayakaday/odayakana.net/public_html/wp-content/plugins/ninja-forms/includes/Fields/place.php on line 3
【生薬浴用剤】お手頃なマツキヨの薬草湯 | 穏やかなラポン

【生薬浴用剤】お手頃なマツキヨの薬草湯

【生薬浴用剤】お手頃なマツキヨの薬草湯

最近、はまっているのが、マツキヨの薬草湯です。生薬の入浴剤ですので、好き嫌いがハッキリ分かれると思いますが、私はクセになりました。

何がクセになるかと言いますと、ほのかな薬草の香りが体につくことです。これが何とも言えない私好みの香りで、これぞ薬草!という感じで大好きです。

それに、自宅で気持ち良い本格的な薬草湯を楽しめるなんて嬉しいです。

今は入湯を自粛している日帰り温泉の薬草湯が懐かしいですが、これで十分かも(笑

というわけで、今回はマツキヨの薬草湯のお話です。

商品の概要

マツキヨオリジナルブランドの薬草湯は医薬部外品で、天然成分100%の本格的な漢方入浴剤です。

薬草が詰まったティーパックが10包入っており、値段もショップによりますが、800円ほどですので、千円をきるお手頃な価格です。

成分はウイキョウ、サンシシ、センキュウ、チンピ、ハッカ、カミツレで、効能・効果は疲労回復・肩のこり・冷え症・腰痛・神経痛・リウマチ・時・荒れ性・あせも・しっしんとなっています。

成分について

天然成分100%の薬草湯で、生薬5種・ハーブ1種の成分が含まれています。

興味がわいたので、それぞれの成分がどのようなものなのかを調べてみました。

ウイキョウ(茴香)

ウイキョウはセリ科ウイキョウ属の多年草で、別名フェンネルといいます。

主要成分はアニスアルデヒド、クミンアルデヒド、ジペンテン、リモネン、アネトールなどです。

入浴剤としての一般的な効能効果は風邪の予防、神経痛、リウマチの緩和、疲労回復効果、冷え性の予防・改善、便秘の解消、血行や新陳代謝の促進などと言われています。

サンシシ(山梔子)

サンシシは梔子(クチナシ)の果実です。

主要成分はゲニポシド、ゲニピンゲンチオビオシド、ガルデノシド、シャンジシド、ゲニピン、クロシンなどです。

入浴剤としての一般的な効能効果は保温、消炎、うちみなどと言われています。

センキュウ(川芎)

センキュウ(セリ科)の根茎を湯通ししたものです。

主要成分はクニジリド、リグスチリド、センキュノリド、 ブチルフタリドなどです。

入浴剤としての一般的な効能効果は芳香、保温、冷え症、各種の皮膚疾患などと言われています。

チンピ(陳皮)

チンピはウンシュウミカン(温州蜜柑)の成熟した果皮を乾燥したもので、家庭でも簡単に作れます。

主要成分は精油、フラボノイド、ペクチン、クエン酸などです。

入浴剤としての一般的な効能効果は保温、香気などと言われていますが、沐浴剤として利用することもあるそうです。

沐浴剤というのは、赤ちゃんの沐浴の時にベビーバスにお湯と一緒に入れて、体を清潔にするためのものです。

ソープほどの洗浄力はありませんが、肌に残ってもカブレル心配がなく、洗い流す必要もありません。

ハッカ

ハッカは昔から世界中で利用されてきたハーブの一つである「ミント」の和名で、シソ科ハッカ属の多年生植物です。

主成分はメントール、カルボンですが、ハッカには100種類以上の成分が含まれています。

ハッカはメントールの清涼感から熱を奪うイメージがありますが、実は入浴剤としての一般的な効能効果は血行促進や保温などの体を温める効果と言われています。

カミツレ

カミツレは4000年以上も前からすぐれた保湿力で肌トラブルを鎮める薬草として親しまれてきたジャーマンカモミールの和名です。

すぐれた保湿力がありますので、入浴剤として一般的には、肌にうるおいを与え、乾燥や湿疹、あせもなどの肌トラブルを鎮めるスキンケア効果があると言われています。

優しく薬草エキスを揉み出す

普通に、入れておくだけでも、色々な成分が溶け出て、薄い黄色味をおびた薬草湯となります。

でも、個人的には薬草湯と言えば、濁っているというイメージですので、濃さがないと物足りません。

そこで、いつもアラミックのナノバブルシャワーをパックに浴びせたあとで、湯をはっています。

そして、入浴時にパックを破れないように優しく揉みほぐして薬草エキスを出します。

入浴時には薬草が膨らみ、パックはパンパンになっていますので、あくまで優しく揉むというのがポイントです。

すると、私好みの濃い濁り湯になり、うれしくなります♪

ちなみに、私はこの入浴剤を使うときは、少し時間をあけて2度入ります。2度目の入浴時に揉み出すと、かなりの濃さになり大満足です。

ただし、外箱の注意書きには「袋が破れるおそれがありますので、もまないでください!」とハッキリと記されています。

なので、揉んでみよう!という方は、あくまで個人の責任においてお願いします。

レビューは?

マツキヨのロングラン商品ということで、高評価のレビューが多かったです。

例を挙げると、「ハマると、おうちで温泉気分です」、「健康ランドにある、あの“薬湯風呂”の香りと同じで、しっかりと体の芯から温まります」、「とても良いですね。自分で使ってみて良かったので実家に送りました」など色々です。

もちろん、好き嫌いの分かれる入浴剤ですので低評価のレビューもありましたが、ご自宅で薬湯風呂を楽しみたい方にはオススメの入浴剤です。

というわけで、今回はお得なマツキヨの薬草湯のお話でした。

※この記事に掲載されている情報については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました